車を友達に売る前に確認したいこと

 

車に乗っていると、愛車を手放すというのは必ず直面するイベントですよね。

 

しかし、下取りに出してもあまり高く取ってもらえない為、
個人で売却をしようと思う方も少なくないと思います。

 

確か、個人で売却すると高く売る事ができますよね。

 

と、言うのも中古車業者や車屋が間に入らない為に、
車屋や中古車業者が間に入らないので、中古車の金額で売却するだけで、
下取りに出すよりもかなり高く売る事ができますよね。

 

しかし、個人的に車を売却すると考えた時に、誰が最初に、頭に浮かぶでしょうか。

 

それは、例えば友人や、親戚ではないでしょうか。

 

しかし、知人や親戚、友達に自分の車を売るのには、手続きや、リスクがある事をご存知でしょうか。

 

そこで今回は、親戚や友達に自分の乗っている車を売却する際に必要な手続きや、
リスクについてご紹介いたします。

 

車を手放す際に必要な手続きとは

 

車を手放す際に、必要な手続きとして最も有名なのが、名義変更ではないでしょうか。

 

この名義変更ですが、基本的には、旧所有者から新所有者に名義を移すもので、
これをしていないと、税金がいつまで経っても自分宛てに請求される事になってしまいます。

 

更に、名義変更するには、必要な書類があり、普通車(登録自動車)であれば印鑑証明と、
譲渡証明、委任状が必要になります。

 

勿論、印鑑証明が必要という事は、実印も必要なので、必ず準備をするようにしましょう。

 

更に、個人の車であっても車を購入した際にクレジット払いで購入している際には、
クレジット会社から所有権解除の用紙をあらかじめ郵送で送ってもらいましょう。

 

個人売買で予期せぬトラブルに

 

個人売買で、冒頭にお話ししたように、中古車の販売価格同等の金額で友達などに売却をすると、
かなりの金額を得する事になります。

 

しかし、良く考えていただきたいのが、中古車販売店で売られている中古車は、
納車前に必ず点検などを済ませた上で販売されます。

 

しかし個人で売却する場合には、渡す際に点検をしないケースが多く、
車を渡した後に故障するなどして、修理代を請求される事もあります。

 

自分が今まで何の問題もなく乗れていたから問題ないと思われるかもしれませんが、
車の部品というのは、前触れなくある日突然壊れてしまう事もありますので、注意が必要です。

 

簡単に交換できる様な部品の故障なら良いのですが、金額が張るような修理であれば、
逆に損をしてしまう可能性もあります。

 

しかし、友達に売却していますので、しっかり対応しなければ、
今後の人間関係にも影響が出るはずですし、他の友人へ貴方の悪い噂を流されてしまう事も考えられます。

 

そうなってしまっては、高く車を売却できても心から喜べませんよね。

 

個人で売るより楽で下取りよりも高く売れる

 

前述したように、個人売買にはかなりのリスクが潜んでいます。

 

このリスクを回避して、下取り価格よりも高く売る事ができるのであれば魅力的ではないでしょうか。

 

そんな上手い話は無いと思われている方も多いかと思いますが、実はあるのです。

 

それが一括査定という物です。

 

通常買い取り会社に査定を依頼すると、下取り価格よりやや高いか同等くらいの
金額が提示される事でしょう。

 

しかし、この提示される金額を更に、増やす方法があるのです。

 

それは、買取店を競争させるという方法です。

 

どういう事かというと、Aという買取店とBという買取店に査定を依頼して、
両者の査定金額を伝えながら徐々に金額を釣り上げていくという手法です。

 

しかし、そんなことをするのはとても時間が掛かりますし、疲れます。

 

そこで活用するのが一括査定という物です。

 

この一括査定を利用すると複数の買い取り業者へ一度に買取査定の依頼をする事ができます。

 

更には、一括査定サイトから依頼をする事で、買取業者は競合相手がいる事を認識しているため、
最初の交渉の時点でかなりの買い取り金額の提示をしてくれるので、簡単に高く売る事ができるのです。

 

もしも、個人で友人に売ると考えている方は一度、一括査定を検討されてみてはいかがでしょうか。